スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画 2018.01.18 (木)
嘘八百
中井貴一×佐々木蔵之介でコメディ。はずすわけがない。
でも最初はちょい地味目だったかな~。
木下ほうかさんやらアホの坂田やら
なんていうか堺のスティングメンバー(爆)がそろって
大勝負にでるあたりから加速度的におもろくなってきます。

贋物をつかまされたことで店の信用がた落ちになってしまった古物商と
一度は認められたはずがその腕で贋作ばかりを作らされつづけた売れない陶芸家が
出会いこそ最悪だったものの、がっちりバディを組んで
大物鑑定士と骨董屋を相手に利休の茶碗を作って大金をいただくというお話。

・・・・・映画のなかだから笑ってみていたけど
アートってのは
なんたら美大とか芸大とかそれも名のあるとこを優秀な成績で卒業して
なんたら展でグランプリとかとって、
スポンサーがついて、売り込んでくれるブレーンができてはじめて
それで食べていけるようになるもんで
街角で作品を並べているひとだっていいねとはおもっても
どっかでその作品に光をあてるイベントで目立たない限り
なかなかその道で食べていくとこまでいかないわけです。
さらにその先にあるだれかの評判とか評価とかが
その価値を決めてしまったりして、
同じ器がたったひとことで桁がかわってしまうというのは何とも言えない話で。
・・・・そして、その、
名のある鑑定士でさえも「間違う」ことはあるわけで
その一言、その鑑定書1枚が
その作家だったり骨董屋の人生までも狂わせてしまう、
なんてギャンブルで不安定な世界なんでしょうね。
自分の力だけではどうしようもない。なんて怖い綱渡りなんでしょうね・・・・。

妙に友近がええ奥さんをやってたり、森川葵がベッドに寝転がってイルカの本を見るシーンで
そこまで太ももださなくてもよくね?っていうサービスシーンがあったり(爆)
笑いばかりかと思えば、佐々木蔵之介が土を探してこねて魂のこもった茶器を作るシーンは
なかなかかっこよかったり。
古紙をつくるプロに器を入れる木箱をつくるプロ、あとどんな筆跡でもまねて書けるおっちゃんに
ま~なんて口のうまい古物商(爆)
・・・・これだけのメンバーが集まって「もし自分が利休だったら」で作った
「オリジナルの茶器」は文化庁までまきこんでとんでもない高値に。

いやすんごい大勝負です。ほんま痛快だった。

・・・・で、オチがそこか~い!!!!!

ここで終わったらフツーすぎるのか。
復讐とはいえ、大金をだまし取ったことにはかわりないので
さらにここからまだ続くわけで。


悪銭は身につかないってことですかね?カエルの子はカエルですかね?
でもまあお金をもってったのがあの子たちなら親はまだあきらめ・・・・つかないか。大金すぎるよな。(;^_^A
古物商の奥さんは最後にちょこっとでてくるのだが
元さやにおさまったのかとおもったらそうじゃなくて
しかも相手がそいつとはね~。ま~チャラい。服装と騙しの演技でそんだけかわりますか。
ここでもまだ、小物商は騙されてる。
夫婦仲チャンチャンておさまったのは陶芸家のほうだけですかいな。
でも出会いはともかく友はできた、これもまたハッピーエンドですかな。

・・・・・まさかこのおっさんたち4人でこれからなんかやらかすんだろか?(;^_^A(;^_^A(;^_^A
見てるぶんにはめっちゃおもろいけどね~続編見たい気もする。
この能力で義賊的なことやってくんないかな。(;^_^A(;^_^A(;^_^Aスピンオフでもいいや。(^▽^)



スポンサーサイト
映画 2018.01.18 (木)


前作は人の頭を花火のように美しくポンポン破裂させた。
今度は人肉バーガーですか・・・。

なんだろうね~。すんごくワクワクする映画なんですよ。
007みたいに秘密兵器がいっぱいあって、
これから戦いにいくのにびしっとスーツを着こなしてスマートな紳士なわけですよ。
でもどうしても気持ちわるい、なんかしら後味の悪いもんが残る。
どうしたらええんでしょね。

とはいえ、ハリーもエグジーもマーリンも大好きなんですよ。
ほとんどこのキャラに魅せられて見てるとこがあってね。
1作目はオサレだけどこっちからみてどうにもキザなイギリス紳士だったのが
キングスマンの組織が壊滅に追い込まれて、
乗り込んだ先の「ステイツマン」が今度はあまりに対照的な
とってつけたようなアメリカンで
わらっちゃいました。お酒の名前のカーボーイたちですかいな。
あまりにイギリス風アメリカ風が際立ってコメディでした。
ウイスキーの武器が投げ縄に電気ビリビリて。(;^_^A

1作目を見てるとニヤリな、マナーはなんたらかんたらとしゃべりながら
ドアの鍵を閉めてさてこらしめてやろうかっていうハリーのシーン。
・・・・記憶喪失がもどってもまだ体がついてこなくてあらららら。
だから組織に裏切り者がいるってわかっても信じてもらえない。
途中まで足かせみたいになっちゃったハリーが
物語をもりあげて(ややこしく)してましたね。それも含めてやっぱりハリーがいなくちゃ。
・・・・最先端医療すげーわ。ぜったい1作目で死んでると思ったし。

麻薬撲滅とかいうのは、映画の中だけじゃないリアルな問題やから
こんな極端な話でこんな簡単にかたがつくなら万々歳なんでしょうね。
そのへんはエンタメなんですけど、実際問題どこの国でも大なり小なりあるはずで
笑いごとではないはずで。
・・・・なんか娯楽を離れて、ほんとにこんなふうに蔓延したら
どないするんでしょうねって。あ、ひとごとやないですね。
もし普段口にするものに混ぜられたり、スーパーに売ってるもの
食べたり飲んだりで顔に青筋がでて
いきなり踊りだしたとおもったら固まって次は死亡ってこわいこわい。

キングスマンになることで英国紳士のたしなみと世界を救う役目を担ったエグジーが
今度は王子様になってじゃあこの続きはまだあるんでしょうか?
ま~MARVELにも王様がコスプレって正義の味方やってるやつもありますから
ありなんですかね?(わわわわわ)

PS:ハルベリーがなんかいい味だしてました。ストームみたいな特殊能力はないでしょうが(違)
どんな武器をもってアクションするのかやっぱ続きが見たいですね。
マーリン・・・生き返らへんかな。なんかなんでもありな気がするんですけど。(;^_^A
映画 2018.01.15 (月)
destiny.jpg

たぶん最初は予告でみた独眼坊がかわいかったからかな。(そこ?)
なんとな~くジブリの世界観があって、実写化したらこんなふうになるんじゃなかろうかという
そんな作品で、
だからこそ、人によってはいろんな映画のツギハギにみえたり、既視感があるかもしれない。

でも個人的にはだからこそ安心してみられる、ほっこりした夫婦の映画だったかな。
日頃ダーリンには文句ばっかだから、こんな奥さんだったらいいんだろうな~っていう。(爆)
かわいくてけなげで一途で。だれにでも優しいから首つっこんでいろんな目にあっちゃうんだけど
巡り巡ってそれで最後は大団円。よきよき。

堺雅人と高畑充希の持ち味のなせる業なんでしょうが、ドハマりでした。
だもんで、去年の最後にみたこれが邦画ではダントツのお気に入り作品になりました。

貧乏神の田中泯、死神の安藤サクラ、個人的にツボでした。
ムロツヨシはもっと濃いキャラででてくるのかとおもったら、意外にフツーで逆にびっくりでした。
古田新太は外見は鬼のまんまで本人の顔でませんけど、あとでクレジットみてやっぱり~。(^▽^)
三人いる心霊捜査課の刑事で要潤だけフツーかなとおもったら、捜査のときにいきなり
顔がキツネになってがっと目だったり。

いつもはなぜだか死亡フラグがたってしまう國村隼さんが今回は無事でよかったなとか。(;^_^A

ALWAYSでなんとなくゴジラだった堤真一さんはなぜかカエルに。(;^_^A
三浦友和さんの出演もALWAYSからのつながりでしょうな。

話はぶっとびますが、妖怪やら幽霊やら魔物やらと人間がともにくらす世界だから
黄泉の国にいくにもおむかえの電車がみれるし、
無茶すれば「行ける」ってのがそもそも私にはファンタジーで。
自分が死んだあと、家族が連れ添いのことが心配だから
しばらくいたいのだけどっていうのが「できる」ってのがまたうれしくて(え)
吉行和子さんと橋爪功さんが演じていた老夫婦のエピソードが
なんかほのぼので。
あれをほんとに「最後まで添い遂げる」っていうんだろうなとか思ったりして。
・・・・ついでにいうと「いっしょに旅立って」黄泉の国でもずっとずっと連れ添うわけです。
文字通り永遠の愛です。・・・そういうのほんとないよね。すごいよね。
(という、ものすごありえない話をさもリアル~にうらやましいと思ってしまいました。)


ただし、その制度はさすがにエネルギー不足になってしまって
死んだ人間が実体化してこの世にいるためには
いきている、大切なひとの生体エネルギーをもらわないとあかんねんってことになったときに
亜希子は愛する正和のもとを去る決心をするわけですが
もうそれだけで泣けちゃったりするわけで。
(いくら人の恋路を邪魔するってったって黄泉の国へ連れ去りました、
結果、「死んじゃった」ってないよね?)
んでまた、亜希子を取り戻しに行くって言い出して、
生きてるまんまで黄泉の国まで
助けに行っちゃうってのがもうきゃ~なわけで。(アホ)

何があってもずっと愛してる、その気持ちはけっして変わらない。
ま~まだ新婚だったことをさっぴいてもほんまにラブラブで
とにかくいいな~いいな~ってそういう目で眺めておりました。
それがまた前世からの縁で輪廻転生してもまた巡り合って
同じ試練を繰り返してやっぱり愛してるってもうきゃ~ですよきゃ~。(爆)

すいません、ひとりでアホみたいにもりあがってました。

宇多田ヒカルの主題歌もしばらく鬼リピしてましたし(自分で歌うには難しすぎますが(;^_^A)
たぶん一色夫妻のキャラクターが個人的にめちゃくちゃ好きになってしまって
もうそれで充分だったような気がします。

ハイ、ハマると極端にキャーキャーいうて、だれが何と言おうとええねんで締める
Agehaさんなのでした。失礼いたしました。m(__)m

映画 2018.01.15 (月)
starwars.jpg

正直40年ちかい時を超えてもいっかいスターウォーズにでてくるって
最初の写真をみたときは二人とも老けたな~だったわけですが
どうしてどうして。
なんていうたらいいのかわからんけど、とにかく「かっこよかった」です。
前作ではたったこんだけか~いっていうちょこっと出だったマークハミルが
今回はま~もったいつけて
ジェダイはもういらないとか俺は行かないとかさんざん言うてて
最後の最後にオイシイとこもっていくわけです。
散り花というかなんというか。
え、あれで死なないの?・・・・でもってそうきたかっていう。
ルークスカイウォーカーの最後としても、マークハミル本人の出演作品としても
最高だったんじゃないですかね?

哀悼キャリー・フィッシャー。
やっぱり最後のテロップには寂しい悲しい気持ちでいっぱいです。
こちらも同じようにえ~~あれで死なないの?っていうシーンがあるんですが
なんていうかとっても美しかったのです。
年を経て身につくオーラとか、役柄でもあるレイアオーガナ将軍の器の大きさというか
それは逆にこの年齢であるからこそ出せるものなのかもしれず
ここまで続けてきた女優ならではのものかもしれず
それがとても美しくて、立派でした。
・・・・それゆえにこちらのほうは助かったけど、りある~にこのあと
最終章どないするんでしょう?(;^_^A

スノークの最後があまりにもあっけなすぎて、
んでもってカイロ・レンは光のこころを決して失ってはいないがゆえに
どうしても2代目のダースベイダーとしては役不足で
その不安定なところにレイがつけこむといったら口が悪いですが
敵の大将が光にもどってくれば話は丸く収まるねんてふうに
どうももっていってるようですがさてどうなりますやら。

スノークがつないだとはいえ、まるっきり離れた場所で
まるで目の前にいるかのように、レイとレンが視覚も触覚もある状態で会話できるなんてね。
アドバイスこそあれほとんど独学のレイはどんだけ強いフォースの持ち主なんでしょ。
・・・やっぱりルークと何らかのつながりが絶対ありますよね。
突然変異のジェダイとかないでしょ?(;^_^A
レイとレンがどうなっていくのか2年後が楽しみです・・・。
なんかガンダムのアムロとララァをみているようでした。(違)
しゃべってるとこへルークが割って入るとこなんざうわ~って思っちゃった。(違)

BB-8がむっちゃ活躍してて、ますます愛くるしくて。いやもうサイコーでしたね。(≧∇≦)

超軽そうなコード破りの達人はさらっとスルーされてなぜかチェゲバラが出てきたよと。(違)
・・・ベニチオ・デル・トロってこういうちょい役でよかったんでしょうかね?
パイレーツオブカリビアンにポールマッカートニーが出てきたみたいな役回りですかね?
SWもまただれかこういうひとが次回作にくるんでしょうか?(;^_^A

ポーグめっちゃ可愛かったですね。チューバッカは食べようとしたくらいなのに
ファルコンに巣までつくっちゃっていっしょにわーきゃーやってて。(爆)
あと、ラストに洞窟の道案内をしてくれた銀色のキツネみたいなやつきれいでしたね。
ミニチュアにならないかな?(そこ?(;^_^A)

もともと、EP4でルークが着ていた衣装が柔道着みたいだったし
ジェダイもどこか武士道というか、刀をSF仕様にしたようなもんだし、
スノークのSPたちはなんだか真田の赤備えみたいだったし、
なんていうか漠然と日本を感じました。
仲間のために命を捨てるシーンが何か所かあって、
まるで特攻のようなそれは、一昔前の戦争中の日本をみているようでした。
・・・それって、これを見た日本人はものすごく感じたのではないでしょうか。
アメリカなら必ず言うはずの誰々愛してるよとかそういうのもなかったしね。(;^_^A

話が急激に進んだのに、謎は増えるいっぽう。
どう考えたってこの不利な状況でどうひっくり返すのか
2年後を待つしかないですね。
珍しく今回は公開初日と正月5日にリピートしました。( ̄^ ̄)ゞ





映画 2018.01.15 (月)
あけおめのことよろも言えないまま1月も15日となってしまいました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

あちこちで映画のトラックバックがなくなったり、TBをやめた方が増えたりして
前ほどたくさんのかたと行き来することが少々難しくなりました。
ブログをご無沙汰していたやつが言うことではないのですが
見たよの印みたいにTBだけですますのではなくて
できる限りでコメントいれていきたいですね。


さて。
去年みた映画は邦画32本、洋画19本、だいぶ少なくなりました。
1月はTOHOのパスポートがあったにもかかわらずあまり見ることができず。
今までだったらいわゆるどこそこ映画祭とかで受賞したからとかいうて
箔のついた作品を真面目に見に行ってたりもしたんですが
だんだんそれもしなくなって、
もう完全に誰々がすき~~~とか予告で目がハートになったとか
完全にミーハーなもんしかみておりません。悪しからず。


で、最終的に洋画邦画まぜて
先にTwitterで報告した作品が

1.スターウォーズ最後のジェダイ
2・DESTINY 鎌倉ものがたり
3・ラ・ラ・ランド
4・LOGAN
5・君の膵臓を食べたい
6・ちょっと今から仕事やめてくる
7・東京喰種
8・花戦さ
9・無限の住人
10・銀魂

こんな感じになりました。え~・・・完全に趣味にはしってどうもです。(爆)
SWと鎌倉ものがたりにいたってはまだレビューも書いてない。コラコラコラ・・・

個人的には「斉木楠雄のΨ難」結構ハマったのです。
できたら劇場版「アニメ」でもいっかいやってほしいな~。(え)


逆に、打ち上げ花火・・・のアニメは岩井俊二バージョンへの思い入れがつよすぎて
個人的には辛い点つけましたけど、このあと米津玄師にどっぷりハマることになるので
これはこれでよきでした。音楽はね。(^▽^)/

パイレーツはもうほんま最後にしていただきたい。
ジャックは好きだけれど、あくまでも脇役で目立つはずだったジョニデが
前にでてきてコケたらあかんでしょ。(わわわわわ)

ミニオンも短編映画で彼らだけみるなら面白いのだけど
なんかつらい。アナ雪みたく、何かの作品の前にちょこっとで上映されないかな。
(とまた無理をいう)

ベストに入れなかった余談ばっか書きましたけど
さらに余談をいうなら
またInstagramの話になっちゃいますが
カメラを始めたことで、カメラを扱う目線で映画を見てしまうようになって
あ~こんな撮り方カッコいいなとか
人も言葉もなくても背景が語ることってあるんだなとか、
こんな目線から撮るのすごいなとか、
妙にそっちに目がいっちゃって、どんだけカメラにハマっとるねんて
自分で苦笑してました。
ラ・ラ・ランドのようなミュージカルは普段見ないのだけど
人の立ち位置とか服の色とかなるほどね~っておもったりね。

私にしてはめずらしくベスト10にはアニメを入れませんでしたが
・夜は短し歩けよ乙女
・夜明け告げるルーのうた
・ソードアートオンライン
・黒執事
全部大満足でした。

どうしてもアニメやらコミックやらの実写版は
元ネタへのこだわりが強いとなかなか受け入れられないのですが
最低限の知識はあるが中途半端にしかわかってないから
楽しめたというのもありました。ハガレンとかはそうですね。
だからゴーストインザシェルはきつかった。ただここまで映像化できるんだってのは
すごいと思いましたけど。

では。
たらたら書きましたがまたこれるときに戻ってまいります。
ダダダっとかいてシーンのパターンになるかと思いますが
お付き合いいただけるとうれしいです。m(__)m




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。