FC2ブログ
映画 2017.11.07 (火)
hyouka.jpg

まだ本屋でバイトしていたころ、このタイトルの文庫本を
よく目にしていました。名前くらいは知っていて、気にはなっていたけど
結局読まないままでしたが。(コラコラコラ)

アニメにもなってるんですね。今度見ようっと。(え)
シネコンで見るというよりは、正直テレビの2時間ドラマサイズの内容だった気はしますが。(わわわわわ)

折木奉太郎が推理をするシーン、なんかガリレオをみている気分でした。
やっぱなんかポーズって必要なのよね。(;^_^A
実写化するにあたっての演出っていうんでしょうか。

私は原作を知らないのですが、千反田えるが必ず言う「私、気になります」が
とっても大事なセリフなんでしょうね。
このへんのことがきっと元ネタを知ってるひとにとっては評価の別れるところになるのかもとか
勝手に思ってました。


あのひとを怒らせたら大変だとかいうて
姉の言う通りに奉太郎は古典部にはいるわけですが
そこで出会ってしまった千反田えるに振り回されて、
やらなくていいことはやりたくない、省エネ人間だったはずなのに、
ただしい答えじゃなくても「えるを納得させなきゃいけない」って
推理力を発揮する・・・ま~そんなおはなしです。

話はぽーんと飛びますが、高校時代はバラ色でしたか?
何かにとんでもなく夢中になったり、あたってくだけたり、
なんでもいいです、今思い返してあ~一生懸命だったよなとか
形にならなくてもがんばったよなオレみたいな
こっぱずかしくてもキラキラしたものありましたか?
ちゃんとしたセリフでは覚えていないのですが、
あの頃はよかったとかいうのではなくて、
10年経って振り返ったときにその時何かをやった実感が確かにあるような
そんな高校生活でありたい・・・みたいな。
お姉さんの手紙だったか、奉太郎の心の声だったか
それが妙に残ったんです・・・・。

高校生活といえばバラ色、バラ色といえば高校生活。
なんてことを冒頭ぼそぼそと奉太郎は言うてました。
入学当初は部活であれ恋愛であれどこか冷めた目で見ていて
いや否定はしていないのだけど僕は違うなっていう顔をしていたのが
古典部にはいって、えると出会って、友達と推理ごっこ(語弊があるけどごめん)
するなかで、省エネじゃない高校生活もいいんじゃないって思い始める。
なにより、えるがこうなるともうだれも止められないって、
それにちゃんとつきあってあげるわけですね、いいじゃないですか、青春青春。(o^―^o)

部活だったり、恋愛だったり、はたまた余命ものだったり、
学園ドラマって大概そのあたりにいっちゃうんですが
そうじゃないところで話がすすんでくれて私としては見やすかったな。

あまりにも漠然とした、えるの依頼を奉太郎が引き受けるとこからして
ある意味ありえないですけどね、吉本新喜劇だったらできるかそんなも~んってバコーンって
殴って、マンガだったらキラーンって飛んでいきそうな話ですけど、美人だと聞くかね~(いやそこは論点じゃない)

失踪して10年もたってしまうと死亡扱いになってしまうんですか。
その叔父との最後の会話が思い出せなくてというあまりにむちゃな依頼はやがて
学園の黒歴史にふれることになる。とってもとっても悲しい話にね。

古典部の文集の表紙絵、それから「氷菓」の意味。
これがわかると第三者でも腹立つ。
いや、第三者だから言いたいことが言えるのだろうが
この日、この時、自分がここにいたら何か出来たろうかといわれると
わたしだってやっぱりウサギなんだろうな。

・・・・ってか、学校、それでいいのかよ。
・・・・ふつうならそっちのネタで学生運動が起こりそうなもんだが生徒も生徒なのね。

強くなれ、そうでなければ生きていても死んでいるのと同じだ
・・・・・・これけっこう重たかったですね。
ただ、記憶をたどる話だったんじゃなくって、
奉太郎の生き方がちょっとだけ変わるような。
バラ色もいいなって。

セリフはあれどもまったく声がない本郷奏多。
16,7の少年が叫ぶシーンにがちっとハマる顔だったのでしょうね。
関谷をとってもうまく表現していたと思います。
ある意味この人物が影の主役というか重要な役まわりなんで。
弱さゆえに学園を追われることになってしまった少年と
感情をほとんど出さない奉太郎が叫ぶシーン(ただし声なし)のシンクロは
妙に印象に残りました・・・。

PS:斉木楠雄のΨ難を先に見るはずだったのに、図らずも山崎賢人特集~って
後出し公開のこっちから鑑賞しちゃいました。
最近、彼の主演作品めっちゃ多いですね。ついでにいうと
どっちの映画も心の声ブツブツブツブツ系。(;^_^A




スポンサーサイト



映画 2017.11.06 (月)
亜人

また1か月以上あいてしまいました。
先月見てるんで、日にちがあきすぎてところどころ忘れておりますのであしからず。

え~完全に「目の保養」だったので、モトネタはまったく見ておりません。
実写化より前にたしか劇場版アニメもやってませんでしたっけ?

佐藤健と綾野剛はるろ剣以来です。この組み合わせでアクションがみれる!
もうそれだけでキャーもんで見に行ってきました。アハハハハ。

生きたまま手足ぶったぎるとかむちゃくちゃですよね。
死にそうになったら「殺して」「リセット」って。
死なないからって何してもいいんですかね。その謎を解き明かしたくてやってるんでしょうが
実際は保護と称して捕獲した亜人を実験台にして毒ガスの製造とかね、もうむちゃくちゃです。
そんなことに20年も毎日毎日耐えてきたのだとしたら
狂わないほうがおかしい、変なとこで佐藤にものすごく感情移入してしまいましたよ。

日本のアクション映画もここまでできるようになったんだな~っていう意味では
すごいよなって思いました。
ただ、亜人も人間も命というものに対しての感覚がもう麻痺していて
なんていうかものすごく気分が悪かったことは確かです。
体のパーツの一番大きい部分を1このこしておけば
たとえ切り刻まれても粉砕されても
そのパーツのもとへあつまってきて再生しちゃうってもう・・・。
それを利用して侵入するとかもう・・・。

・・・あの終わり方だとふたりとも生きてるんですかね?

ただ、普通に生きたいと願うものと
ま~これだけ自分の体をもてあそんでくれたのだから
どうしてやろうかっていうものとの意識の差はあまりにおおきくて
同じ亜人でも結果戦わざるをえなくなっちゃうんですが
・・・・・日本版のX-MENみたいなもんでしょうか?
ある意味不老不死。特殊能力は迫害がつきもの。
そんな体になってしまったのも何かきっかけがあるのでしょうが
うらやましさや探求心から人は人を人扱いしなくなる、
そのことのほうが恐ろしかったですね。

単純に見眼麗しい俳優ふたりがず~~~~~~っとアクションをしている
それで十分満足だったわけですが、
見終わって残ったものは持たざる者の醜さというか残酷さというか
そっちのいや~な気分のほうが
どうしてもこびりついてしまいました・・・・。
抵抗できない相手を実験動物にして、顔色一つ変えずに
それを眺めるひとたちもダメージを与え続けるひとたちも。
これは映画やコミックの中だけの話だけれども
たぶんマイノリティに対して人は平気でこういうことができる・・・
怖いから、あるいは知りたいから。いずれにせよ
人のそういう部分をみせつけられてそっちがなんとも言えない気分に
なってしまいました・・・・。