FC2ブログ
未分類 2016.10.23 (日)
image
濃い❗おっちゃんばっかしやし。(わわわわわ)

麦わらの一味やなくて隈取りの一味。
(わわわわわ)
image

最初、アニメのONE PIECEのシルエットがでてきてそのあとこの歌舞伎メイクのおっちゃんたちが、
ひとりひとり大見得をきるわけで、
そこんとこはきっちり歌舞伎なわけです。


んで、ゲキ×シネと同じく、
舞台をスクリーンで見れるてことは、
ひとりひとりの顔がとーぜんドアップになるわけです。
.......うわーーーーー。。。
内心えらいとこ来ちまったなーと
思ったんですが、これが意外に面白かったわけで。

image
最初はぜってールフィに見えないと思うよ、
でもホントにどんどん少年に見えてくるのよこれが。
こればっかしはフォトギャラリーだけでは
伝わらないな。😂


そもそも、今回の舞台でONE PIECEを理解してるのが、若手の一部のもんだけ?だったらしく、
主演も演出もやった市川猿之助自身が
ONE PIECEてなあに?だったはずが、
おもしれーもん作ろうぜ❗って
仲間を集めて歌舞伎版作っちゃった、
もうこの段階で気持ちルフィなわけです。
無謀な挑戦がはじまった、
後輩も重鎮もまきこんで。(爆)


実際外見はどーみても白塗りのおっちゃんたちなんだけど、
どんどんアニメの世界観そのままに
物語が展開されてく、
ホンマにびっくりしました。引き込まれたし。

ぶっちゃけますが、実は
私自身がONE PIECEそないにわかってないです。
ミスチルの「fanfare」が聞きたい!それだけのために、劇場版アニメを見るにあたって、最初の10巻程度をマン喫で読んだだけ。
チラチラ日曜日の朝にアニメみたことあるけど、
エースが亡くなることは知っていても
前後のエピソードはまったく知らないわけで。

名セリフ名シーンはいっぱいあれど
歌舞伎版でさえもクライマックスはここ。


ナミやロビンのドアップはきつかったなーと
失礼なことをぶっちゃけましたが
さすがにエースはかっこよかったですね。
福士誠治さん、
メイクしたら、Bzの稲葉さんみたいな顔になってました。


舞台に滝が出現したり、
フライング+紙吹雪だったり、
プロジェクションマッピングだったり、
今の舞台てこんなにいろんなことやるんですか?
それも歌舞伎で。
ピーターパンじゃないよ?歌舞伎だよ。
いやー、楽しんでもらおうっていう
熱意むっちゃ伝わりました。
顔は隈取りでやたら大見得をきるんだけど、
縦横無尽にかけまわる役者さんたちみな
なりきり度半端なかったです。
ほんと拍手。


すべてお見せしますというわけではないので、
劇場版はいくらかナレーションではしょられてます。
今回これをシネコンで見た方、
きっちり全部見たかったなーというかた。
来年再演が決定したそうですよー。
舞台みれますよー。



関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://capricorn0906.blog.fc2.com/tb.php/10-ad152c6b