FC2ブログ
映画 2016.11.03 (木)



deathnote
前回はLが命を懸けてデスノート事件を解決した。
でも、なにやら
「夜神月が生きている」みたいな展開になって、
それも6冊あつめたら現れるってあんさん、ドラゴンボールじゃあるまいし。(爆)



原作にもともとあったそうだけど、6冊もいらなくね?
死神は3体しかでてこないし、
東京でみつかったやつ(というか持ってたやつ)だけで結局話がすすんで、
あとはナレーションでスルー。

お菓子ばっか食べてどちらかというとインドアだった松山ケンイチのLにくらべて
二代目の竜崎はばりばりアクションですな。
やたら飲んでいたのはただのサプリメントでしょうか。病気でしょうか。
しかも同居人がめっちゃ美形の・・・。

正直前作のデスノート前後編をみていることが条件になりますが
そこちゃんとおさえて見に行ってると推理するほどでもない展開になってしまうという。(;^_^A
んで、やたら藤原竜也がでてくるわけです。
キラウィルスとして。
実はこの顔のほうが印象にのこってしまって
メインキャストの3人なにやってたのみたいな・・・・。
いや、十分かっこよかったとおもうのです、ただ、
やっぱり藤原竜也をだしてしまうと逆にどうしようもなく
「がんばってる感」「重圧に耐えてなんとか自分たちで作ろう感」がでてしまうんですよね・・・・。
私は個人的に池松壮亮くんのLはすごい好きでしたけど
それでも
松山ケンイチのLを簡単には越えられない、それはもう私自身の
好みの問題なのでいかんともしがたくて。

私自身は十分アクション映画として楽しんだつもりです。
見眼麗しい今をときめく俳優さんたちだし、目の保養として。

ただ、デスノートは無差別殺人をするための道具ではなかったはずだし、
自分の身を守るためにだれかを殺す道具ではなかったはずで、
テンポの良さに反して、これ、そういう話じゃなかったよねって
もう完全に死神のゲームに人間が振り回されてるだけで
たとえ間違っていたとしても夜神月がまだかろうじてもっていた
「そもそも殺してでも裁きたかった理由」なんぞふっとんでしまったことが
なんともいえない気分でした。

もっというなら二人の天才の頭脳戦がこの作品の面白さだったはずなんで
その辺がね~。
三島VS竜崎、竜崎VS紫苑、前作みたいなかけひきはそこまでなかったような気がします。

リュークでさえも地味。結構登場してたんだけどね。(;^_^A
りんご食べてるシーンなかったね。ダダこねてるシーンも。
・・・・だからなのか?YouTubeでピコ太郎の「PPAP」リュークバージョンなんて
作っちゃってもう。(爆)

個人的にはアーマのビジュアルにくぎ付けでした。
なんて美しくて人間ぽいのよ。んでもって結末はあ~やっぱり・・・・。
今回のデスノートでいちばん愛があったんちゃいます???

Twitterでもちらっと書いたのですが
見終わって残ったものが、アーマと夜神月のドアップだったとしたら
お~いメインキャストはなにやってたんだよぅって。
あとミサミサ。切なかったですね・・・・・。
役柄でもアイドルから女優へと大人っぽくなってたんですが
戸田恵梨香自体がメインの3人を向こうに回して
姐さんぶりを発揮してました。大人の女性になってたというかなんというか。


デスノートという看板をかかげてもし
まだ続編を作るのであれば、
亡くなっているにもかかわらず、夜神月は生き続けるわけで(わわわわわ)
もともとデスノート前後編で彼は終わってるのに、
キラの後継者という形で主役だけ首をすげかえて映画が続いていくなら
”藤原竜也だけはずっと出演し続ける・・・・・”
「思い通りだ」はキラのセリフではなくて藤原達也そのもののセリフだったような
気がしました。(わわわわわ)

PS:松阪桃李が出演してたなんてエンドロールで知ってびっくりだったわよ~~~~~!!!

 
関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://capricorn0906.blog.fc2.com/tb.php/15-cea52440