映画 2017.01.22 (日)
黒執事


これが見たくて今月パスポートとったようなもんなので。(え)
とはいえ、原作は数冊、深夜のアニメも全部みたわけではなく劇場版も今回初めて。
実はしらないキャラがいる、それでも楽しめたので終わりよければすべてよし。(;^_^A

リジーめちゃくちゃかわいいですよ、今回。
こういういかにも女の子女の子なキャラは苦手だったんですけど
薔薇の国の淑女たるものこうあらなければ・・・で作ったキャラの裏に
ま~こんなに切ない思いがあったなんて。
・・・・・で、シエルを守る剣さばきのなんてかっこいいこと!
この子の印象がガラッと変わりました。ま~ファントムファイブ家のメンバーにしたって
ギャップ萌えのキャラばっかりなんで、リジーが実はこういうレディだったってのは
ある意味想定内だったかもしれませんが、きゃ~もんでした。オスカルじゃん。(≧∇≦)

アンダーテイカーがセバスチャンのレコーディングノートを見るシーンがあって
シエルとセバスの出会いから今に至るエピを駆け足でたどってくれるので
このふたりのいきさつを知らない人が見に行っても総集編みたく見れまする。
私も知らない部分をずいぶん補完できました。(あらららら)

氷山にぶち当たって沈没て元ネタこないに露骨に使ってよかったのかしら?(爆)
頭つぶさないと死なないってそれもだれかの映画まんまやないですか。

死者再生の謎を追って乗り込んだ豪華客船でゾンビに襲われるおはなし。
フェニックスのポーズはたしかに恥ずかしすぎる。ハハハハハ・・・・。

んでもってラスボスがそのひとか~いっていうね。
死神の鎌かっこよすぎます。こいつは確かに女王陛下のもとへ連行するのは
難しいよね~、たとえセバスでも。

死んで、終わってしまったはずのレコーディングノートにもし続きをつくれるとしたら
どんなものが見れるのだろう?
・・・・・そんな気まぐれな好奇心のために死者をよみがえらせたなんてね。
それも人の人知の及ばないところでやっちまったら、
それはもう医学の完全救済とか秘密結社とかいう、
これを利用してなんかやらかそうとした人らなんてひとたまりもなくてね。


これの前に「沈黙ーサイレンスー」を見ていて重たい映画のあとの
ポップコーンムービーみたくなっちゃいましたけども、
リジーとアンダーテイカーのギャップ萌えは半端なく、
このふたりのアクションシーンだけで十分満足でした。・・・あれ?セバスは?(爆)


 
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://capricorn0906.blog.fc2.com/tb.php/39-8154be26