映画 2017.02.06 (月)
マグニフィセントセブン



イビョンホンなかなかよかったですね~。
寡黙でナイフ使いってめちゃめちゃ好みでした。(聞いてない聞いてない)


・・・・ただ、この映画が
七人の侍だの、荒野の七人だのの焼き直しで
黒人だのネイティブアメリカンだのメキシカンだのと様々な人種をまぜるのなら
ここやっぱ日本人ちゃうん?
浅野忠信とか渡辺謙とか十分いけるとおもうんだけどな~。
ハリウッドでの知名度も演技力もこみでこのメンバーにどうしてはいれんかったの?
いや、イビョンホンがあかんわけではなくて、
イビョンホンをもってしても、グッドナイトの部下みたいな感じで
助っ人に加わる役柄だったんで、7人が同等で並んでいるようでならんでいない。
まだまだアジアンは主役にはなりづらいんですかね~。特に日本人は。
韓国ではスーパースターでもやっとこさここまでのぼり詰めてきた感じするもんね・・・。 
アメリカで主役級の映画をバンバン撮ってるアジアンどれくらいいる?
(・・・・ってわたしそないに見てないからえらそうに言えないんですが・・・・) 


デンゼルワシントンむちゃ渋かったです。んで、黒人をリーダーにもってきて
ラスト生き残ったのがこのひととインディアンとメキシカンて。
・・・・そこらへんも妙に気ぃつかってる感があったのは気のせい?(;^_^A

単純に西部劇の撃ち合いの部分はむちゃすごいわけです。
7人7様のキャラだちもはっきりしてるし、わたしでも知ってるような俳優さんがまじってると
いくらか感情移入できて映画のセカイにはいりやすいんですよね。


ただ、これもぶっちゃけるとフリーパス期間だから見に行った1本で(わわわわわ)
先にアップした「新宿スワンⅡ」、「破門 ふたりのヤクビョーガミ」といっしょに
1月30日期限切れラスト1日でハシゴした作品。(え)
出てる俳優さんたちの魅力をいえば断然この作品に軍配なんだけど、
あまりにもわかりやすい内容のためか、これだけの俳優さんをして
実はあまり印象に残ってないという(わわわわわ)


7人それぞれの最後の活躍(いや実際には亡くなってしまったひとたちの最期)こそ
ものすごく胸が痛んでズーンときたんだけども、
そもそものメンバー集めがあまりに簡単だったので
いくらええひとたちとはいえ、そこまでやってくれる動機がようわからんし
どこにも葛藤のないままラストバトルになだれ込むので
そこがちょっと物足りなかったかもかもです。
・・・・この3本で、綾野剛サイコーとかいうたらあちこちからしばかれそう?(わわわわわ)


 
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://capricorn0906.blog.fc2.com/tb.php/44-50831cd5