映画 2017.03.26 (日)
3月のライオン
事故で家族を失った、生きるために将棋を選んだ。
将棋しかなかった・・・・。


羽海野チカというとわたしはハチクロに相当ハマったくちで
そのくせこのコミックしらなくて。(わわわわわ)
去年だったか「ハチミツとライオン」てなイベントを見に行ったくせに
そのときはじめてこっちのマンガの内容を知ったくらいで。(おいおい・・・)
バンプの「ファイター」が予約特典でつく10巻目だけ家にあって
今年の正月NHKのアニメを一気見して鑑賞。アハハハハ・・・・。

有村架純が演じる香子のトンガリ具合が怖かったですね。
あんなかわいい顔でこの役か~とおもったらどーしてどーして。
たぶんさみしいとかなしいとか甘えたいとかあるんだろうに
どうしてあんなにいつも嵐みたいで攻撃的で毒を吐くんだろうね~と。
あれはあれで香子なりの、だれかとつながってたい・かまってほしいの裏返しなんでしょうが
ホント原作通りのハマり具合でびっくりでした。 

ハマるといえば染谷くんの二階堂サイコーでした!ビバ特殊メイク。
なりきり度半端なかったですね。
うざいようで上から目線のようにもみえつつ、
やたら熱くて、友達思いの、なんてええ子なんやと。(爆)
コミックのなかのあの子が実体化したらこんな感じか~。(o^―^o)



残念ながら、将棋のルールそのものはわからないので
知らない用語が飛び交います。コミックやアニメのほうではニャー将棋なるものが
登場しますが、さすがに実写版ではそこまでこまかいのできないよね。(;^_^A

困った子をみるとほっとけない、痩せてる子をみるとふくふくしたくなるって
そんな理由で知らない少年を家に連れてかえって
さらにその後も家族みたいにあつかってくれるひとそうそういないですよ?
あかりさんはちょっと特殊かもしれないけど 
もしまだ下町にそんな空気があるのだとしたら、まだそんな人情味があるのだとしたら
ちょっと救われた気持ちになりました。

そうやって、幸せというものを知らずに育った零がすこしずつ変わっていくのも
将棋の世界でいろんな人にであって成長していく姿も
なんとな~く親目線でうんうんってながめておりました。

対決の見せ方とかもしかしたら退屈なシーンになるのかとおもいきや
うまかったですね。このへんはむしろ映画ならではの得意分野だったようで
ここが盛り上がるように作られてないといけないのでそのへんは〇。

そんなに汗かきますか。胃が痛くなったりもするんですね。
二階堂にいたっては持病のせいもあってなおさら、命がけみたいなとこありますから
正座してう~~~~んって考えてるだけのように見えて体力の消耗すごいんですね。


さて。
この国の神の子を零が破る日はくるんでしょうか?そのへんは後編ですな。
川本家と零のあったかい交流にも一波乱くるのでこのへんもハラハラドキドキしながら
来月の公開を待ちたいと思います。



 
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://capricorn0906.blog.fc2.com/tb.php/54-85c9890a