FC2ブログ
映画 2017.08.22 (火)
打ち上げ花火

打上花火 (通常盤)
DAOKO
B073D2Z4MC



最近、米津玄師にハマっていて、「打上花火」がものすごく聞きたくなった、
REMEDIOの歌っていた「Forever Friends」が予告で流れたときに
もうこれは絶対行かなくちゃと思った。実はきっかけはそっちからだったわけで。
岩井俊二は好きだ。だもんだからアニメそのものは正直不安だった・・・・・。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]
奥菜恵 REMEDIOS

「打ち上げ花火、下からみるか? 横からみるか?」Soundtrack 少年たちは花火を横から見たかった [DVD] 少年たちは花火を横から見たかった (角川文庫) 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』 豪華版Blu-ray BOX FRIED DRAGON FISH [DVD] Love Letter【DVD】 Love Letter [Blu-ray] 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? (角川文庫) ゴーストスープ [DVD] リリイ・シュシュのすべて [Blu-ray]

by G-Tools


この作品に限らず、最近妙に俳優さんが声優さんをおしのけてアフレコをしてる、
んでもって公開前にあちこちの情報番組やバラエティにでて番宣をやってるんだけど
どうしても典道やなずなを見るというよりは、俳優さんの顔がちらついてしかたないのね。
うまい下手の前に人気俳優でやられると実写版でやってよっていいたくなる(爆)
それは観客動員を増やすためのオトナの事情だったりもするのだろうがまずひとこと。(わわわわわ)
・・・・声優さんは声優さんで今はアイドルみたくアリーナでライブとかやってるから
だんだんその線引きはわけわからなくなってきてるけどね。(;^_^A

元ネタのほうは奥菜恵が当時何歳だったかはこっちにおいといて
役柄の設定は全員「小学生」だったから
なずなが年ごまかして養ってあげるわよっていうたらホントにできそうな気がしたし
それくらい、ちょっとしたしぐさや一瞬の表情がとても小学生とは思えないくらい
どきっとしたわけで、設定年齢とのギャップがすごかったわけですよ。
もちろん典道とのギャップも。

・・・・アニメは設定を中学生にしたぶん、ラブストーリーのほうへ針をふりきったので
なずなに振り回される典道ではなくて、典道に主導権がうつってるんですね。
・・・・僕ならなずなをがっかりさせたりしない、裏切ったりしないっていう
小学生の典道の純粋な気持ちから思い描いたもしものセカイではなくて、
たった1日でいいからなずなといっしょにいたい、
どちらかというと”典道主導で””典道の描く理想に近づける”ために
同じ時間を何度も繰り返すんです・・・・
恋をしていると本人が気が付かないレベルの淡い気持ちでなずなをみていたドラマ版と、
繰り返してるうちにはっきりと自分の気持ちに気が付いてアクションをおこすアニメ版とは
年齢アップのぶんだけ作品の内容がすっかり変わっていました。

タイムリープのもとになるガラス玉はなずなのお父さんとどうつながってたんでしょうね。
海でひろったのはなずななんですが、「典道の持ち物みたいに」
彼が好きなように扱ってました。(わわわわわ)

最初は何も考えずにモノに当たり散らすように投げたはずが
今度は「意図的に」「わかっていて」「ここまで戻ってやり直そう」になってしまうと
このガラス玉の意味ってなんだったんだろうなと。
一度ならまだしもちょっと繰り返しすぎじゃなかったですか?
・・・・・それともこれは
典道がなずなにはっきりと好きだってことを伝えるまでの
道のりだったのでしょうか?
タラレバのセカイはあくまでも頭の中で思うだけなんですが
それをアニメではタイムリープのかたちで
「納得できるまで」「最後の一日を二人で過ごす」ための演出だったのかもしれませんね。

DAOKOがカバーしてくれた「ForeverFriends」よかったです。
そこんとこはおもいっきりなつかしさにひたってました。(o^―^o)

お母さんがカラオケでよく歌っていたのっていう前フリをして
広瀬すずがうたう「瑠璃色の地球」もよかったですね。
むしろうますぎないのがよい。(わわわわわ)

最後にたどりつくガラス玉の中みたいなセカイはものがゆがんでいて
二人以外だれもいない。ここまで典道くんの思い描くセカイが変わってしまうと
なんだか「世にも奇妙な物語」を見ている気分でした。

いっこだけツッコミをいれるとしたら
典道以外の男の子たちが花火を見ながら叫ぶシーンがあるのですが
原作を守って「観月ありさ~~~!」はないだろと。
元ネタ当時は「伝説の少女」だったわけでそこんとこは時代なのですが
今そこ守らなくてもそれこそ「広瀬すず~~~!」でもよかったんちゃうんと。
「セーラームーン!」もすでに去年で20周年。それだけ時が流れてるわけです。
むしろスルーしたセーラームーンのほうが観月ありさよりは今みて伝わる気がしたのですが
そこんとこな~んかズレてませんか?

レトロさ、古さ、原作のセカイを守りたかったのかどうかはわからないですが
年齢3つあげてラブストーリーにしちゃった段階で
原作を踏襲しなくてもオリジナルでどんどん変えていけばよかったのに
(実際変えてしまってるのに)同じシーンや同じセリフをもってきて、
そのあたり妙に中途半端な気がしました。
岩井俊二のほうを見ている世代が懐かしんでみるアニメ化なのなら
スカイツリーはないよね・・・。(;^_^A

てことで、音楽は広瀬すずふくめて満足だったのですが
やっぱし辛口になっちゃいました・・・・。m(__)m





関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://capricorn0906.blog.fc2.com/tb.php/87-98cb790b