FC2ブログ
映画 2017.12.03 (日)
ハガレン

タッカーのエピソード、真理の扉、所々はおぼえているものの、
原作もアニメもきっちり見たわけではなく、劇場版アニメも見に行っていながら
内容はすっかりとんでいて。(コラコラコラ)

誰かがいうてたな、國村さんはまた死んでいる。(;^_^A

小日向さんは、メアリと魔女の花もそうだったが
こういう作品に参加してみたかったんだ~むっちゃうれしい~ってのが
妙に伝わってきてわらってしまった。
なんていうか楽しんでるな~とおもったのは私だけだろうか。
そのくせ、このひとこんなわざとらしい演技だったっけという(わわわわわ)

「探偵はBARにいる3」を見た後、あらこちらにも大泉洋が。
チャラくない役ででていた。(爆)
それにしても、自分の仕事のために妻や娘にそんなことするかね。
やっぱりこのエピはやりきれなかったな・・・・。

ぶっちゃけオディーン様を見にいきました。白状します。(爆)
ただ、どうしてもこの手の映画はコスプレショーになってしまうから
カッコいいとは思うけど、なんか足りない。
自分のものにしているというよりはこう演じてくださいって
やらされている感がものすごくあって、正直違和感がありました。
その点、
ホムンクルスの松雪さんは頑張ってたんちゃいますか。
妖しい色気でなかなかよかったのではないかと。

実際にはコミックもアニメも膨大な情報量で
とても1本の映画にできる話ではないのですが
ほんとになんとかして詰め込んだんでしょうね。
絶対言わなきゃいけないこと、作品のキモにもってこなきゃいけないエピ
そのへんはばっちり知ってる方がみたらどう思ったんでしょう。(わわわわわ)

エピを詰め込むとひとりひとりのキャラクターを描けなくなるので
そのへんはわかっているものとみなして話をすすめたとして
どうでしょ?ヒューズの人のよさは十分みれた気がしますが
大佐やホークアイまではなかなか・・・。

賢者の石でかりそめの命をふきこまれてしまった兵隊たちは
完全にバイオハザード状態。こんな展開でしたっけ?

なんかちらっと「まだ続けますよ~」的な終わり方をしてましたけど
う~んどうなんでしょ。(わわわわわ)

今のCGここまでできるようになったのねってのはなかなか面白かったです。
アルのCG・・・CGだったんすか。ってなレベルで鑑賞してました。お恥ずかしい。(爆)
鎧の体に命や温かみまで感じる、その辺はすごいなと。
んでもってそれ相手に演技するエド役の山田くんもすごかったなと。
兄弟げんかのシーン大変だったろうな。

いやもうこの手の映画は原作と違うとか配役が気に入らんとか
もうハガレン愛が強いひとほどこだわりがあって、
誰が何をどう演じてもなんかしらぜったい言うと思うのだけど、
変な言い方ですが、まったく予備知識がないわけではなく、
さりとて詳しくもない・・・この中途半端さのおかげで
酷評をしてるひとほどの思いはなかったよと。

原作の世界観をすこしでもと、イタリアロケをして
その背景はすばらしかったのだけど、
でもでてくるのがコスプレの日本人ばかりですから。
どっちにせよどっかに違和感はあるんです。(;^_^A
ガラッと変えるわけにもいかない、さりとて全部は説明しきれない。
詰め込みたかった話のつじつま合わせというか
詰めの甘さみたいなもんは私でも感じました。
ガチっとそのキャラにハマってイキイキ演技できてたひともいただけに
もったいない映画だったな~と思います・・・(わわわわわ)



関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://capricorn0906.blog.fc2.com/tb.php/91-c83e48d9