映画 2017.07.28 (金)
銀魂
これ1本みるために、銀魂のテレビアニメ1年目の26話分全部見ました。
んでもって、劇場版銀魂の紅桜篇が実写版のストーリーだってのを小耳にはさんだので
そっちも見てからの鑑賞。
さいきん、イラストくらいは知ってるけど、内容まったく知らないコミックの実写が多すぎる。(;^_^A
それでも見たいのでそこんとこがんばっちゃうオバチャン。(;^_^A
家でアニメばかり見てるオバチャン。(;^_^A


katsura.jpg
ヅラじゃない桂だ!がすっかり耳にこびりついてしまった。(爆)
最初どうよとおもったけど、意外と見慣れてくるとハマったね、かっこよかった。

「全米が泣いて」くれたらいいな~・・・・っていう予告編でドアップになっていた
エリザベスに目が釘付けになって、あれは何者なの~~で俄然見たくなり(そこ?!)
これがまた紅桜篇ではずいぶん活躍してたもんだから
それはそれは楽しみにしてて・・・・。

・・・・っていうエリザベスの部分ではやっぱかなり無理があったね~。
アニメならいいけど、実写になるとね~ってのはもう
劇中のせりふでもいうてたけど。(;^_^A
そもそも勇者ヨシヒコを撮った監督なので、
原作者がこりゃ下手したら段ボールでエリザベスつくっちゃうんじゃないかって
笑ってたくらいだから、定春もふくめて、
これはこういうもんでよいのかもしれないと言い聞かせ。(爆)

妖刀・・・実は、倒した相手のデータをどんどん取り込んで強くなっていく兵器ってことで
実際のメインバトルは紅桜を振り回す岡田似蔵戦になっちゃうんですよね、
新井浩文さんの演技にかかってるようなとこがあって。
ここだけがシリアスなもんで。脇といえど、かなり重要な役まわりを
演じていたと思います。・・・体を紅桜に浸食されて「最終兵器おっちゃん」になって
これなかなかキモかったですが。

よくこの1本の映画の時間内に、アニメで何話もかかってやってるような
キャラ説明を入れられたよなってのはびっくりでした。
細かいとこまでアニメ見といてよかったと思った。
ただ、そのぶん、・・・というかCGでの動きに限界があったのか
エリザベスがもっとちょこまか動くのを期待してたんでそこだけが残念。
んで、武市変平太を演じていた佐藤二郎さんだけが
え?っていうくらい原作アニメの武市と違うキャラで、
なのに、ま~それもありかもしれないっていうハマりようで
これはびっくりでした。(;^_^A

エリザベス
菅田将暉が菅田将暉のオーラをこんだけ封印して新八やってたのもびっくりでしたね。
ホンマにこれあの鬼ちゃん?ってくらい。

オトナが大真面目に贅沢なコスプレをして特撮でアニメのヒーローやらせてもらって
映画撮りました~っていう・・・なんていうか文化祭的なもんを感じました。
カッコいい部分とB級とバラエティ番組を見ているような。
もしかしたら、参加したほとんどの人らが銀魂読んでいて、
え、あのキャラ僕がやっていいの?みたいなノリで楽しんでいる、そんな感じでした。
ナ〇シカとシャ〇にしてはそんなチープでいいのかよとおもったんですが
それがこの監督の持ち味ならもうそのテイストで押し切って大丈夫大丈夫みたいな。

そうそう、ヨシヒコつながりだったのか、たったひとことのせりふのために
山田孝之が参加しているのもびっくりでした。しかもその役が・・・。アハ。

紅桜をめぐって、高杉と銀時と桂が再会する・・・というとこへ
話がおちついて、
でも、同じ師匠の教えを継いだはずが道をたがえてしまった3人の思いは
消化不良のまま。
倒すのかとおもいきや、戦いはするけれどそこは友達同士のケンカレベル。
じゃあセリフのほうで話にオチがついたのかというとそうでもなく。
・・・ま~ここは原作通りなんですが、
ラスボスのはずの高杉の存在感があんましなかったな~というのが正直なとこでした・・・。
紅桜との闘いが派手だったもので、仮に動と静だったとしても
もったいつけたぶんのオーラがほしかったですね・・・。高杉のこわさがあんましでてなかったんですよ・・・。

勇者ヨシヒコのノリで見るぶんにはかなり豪華でむちゃ笑えて楽しいです。
・・・小栗旬。鼻ほじりすぎ。(爆)
彼に限らず本来カッコいいひとらが本気でバカやってくれてるのが
とにかく面白かった。そうなんもかんがえんと笑うよろし。






映画 2017.07.28 (金)
ミニオン

グルーはそもそも悪党じゃなくなった。子供たちがいて結婚もして
悪党を捕まえるほうの人間になったわけで、しかもそれすら首になった。
ミニオンたちはこれで元の怪盗グルーになるんじゃないかと喜んだのだが
あてが外れてグルーの元を去ってしまう。

・・・・てかさ~。パイレーツオブカリビアンが
誰を真ん中にもってこようがジョニデしか目立たないように、
この作品、もう完全にミニオンの人気でもってるようなとこがあって、
このポスターだってもう囚人服のミニオンしかいないじゃないですか。
大体グルー自体がもう怪盗・・・じゃないでしょ。(;^_^A

んでもって、大脱走いかにやるのかとか、そこにグルーがどうかかわるのかとか
こっちは思ってるじゃないですか。
・・・ミニオンは親分がいなくても自分たちでなんでもやっちゃう、実はとっても頭がよくて
チームワークもあって、・・・完全に本筋と別行動になっちゃってるんです。
でもやっぱり、グルーのことが大好きで、グルーの元へ帰ってくるんですが
・・・「グルー抜き」で。
でもって、この展開、完全にサイドストーリーなんです。それおかしくね?


2ミニオン

サイコーでしたね、これ。↑

服役してる気ナッシングで実に目つきの悪いえらそうなミニオンたち。なぜか怖がられてるし。
環境と服装が変わっただけで実にやりたい放題。・・・のわりにはバナナなしでよく暴動起きなかったね。(;^_^A

80年代洋楽使ったり、ルービックキューブ使ったり、
こちらはにやっとすることが果たして伝わってるかなってのはちょっと疑問。
(子供連れでくる親御さんにすら、古すぎて知らんのとちゃう?)

生き別れになってしまった兄弟との再会やら、
なんとかいいお母さんになろうと奮闘するルーシーとか、
・・・いや、ええ話なんですよ、ええ話なんですけど
・・・なんだろう、ものすごくかる~くすーっと流れて行ってる感がしたのはどうしてだろう。

グルーとドルーの話がど真ん中にあるのに、
ミニオン大脱走っていうタイトルがついてる自体が違和感ありで、
明らかにミニオンの人気にあやかってる感があって、
だったらVSバルサザールにミニオンもドタバタすればいいのに

そこは
ドルーやルーシーがいいとこ見せないといけないわけで、
何やら、ミニオンが活躍しにくいストーリーになっちゃいましたね。
(せめて、ちっちゃいバルサザールの人形とミニオンがまるでじゃれてるみたいに
戦っててもよかったんちゃいますん?
帰ってくるなら、彼らもグルーを助けるシーンがほしかったですね。)

てことで、
刑務所シーンと、あともう一つは、
たまたま逃げ込んだスタジオが某オーディション番組の収録現場で
いきなりにしては息ピッタリに歌い踊ってピンクのトイレットペーパー投げまくるという
ミュージカルシーンと、

・・・申し訳ない。(;^_^Aそこだけなんだよね。わーきゃー楽しんだのは。


とか何とかいうてても、ミニオンが歌って踊ってコントやってるだけで
もうニマニマニマニマしてしまうんですよ。
吹き替えのグルーが大阪弁しゃべってても、もうそこんとこは鶴瓶しか考えられないので
それも私にはノープロブレムになったんですよ。
グルーもルーシーも子供たちのキャラクターも好きだから
それも文句のつけようがない、ないんだけど・・・・・。
あんたらは完全にミニオンに食われてる・・・・うん、そのうち
ミニオンズでしかシリーズが作れなくなってったりしてね・・・・。(わわわわわ)


映画 2017.07.10 (月)
パイレーツオブカリビアン

私のなかではパート4の生命の泉はなかったことにしてるんだけども(わわわわわ)
あれがないとボトルシップになってしまったブラックパールの話がわからんしな~。(;^_^A
バルボッサとジャックってトムとジェリーみたいで、あれはあれでよかったんだけど
なんていうか海賊は海戦でなんぼみたいなとこがあって、ほぼ陸地でドタバタだったし
ブラックパールに乗ってないジャックスパロウってクリープのないコーヒー・・(タトエガイマイチダッタ・・・)

ポスターにまったくオーランドブルームやキーラナイトレイが出てこないのは
ヘンリーやカリーナがやっぱかすんでしまうからでしょうな。


かつてオーリーを売り出すためにつくったはずのカリブの海賊ラブストーリーは
完全に主役をジョニーデップにもってかれて
ワールドエンドではジョニデひとりのポスターになっちゃった。
でも今回はいつもなら「ちょっとでただけでおいしいとこもってっちゃう」ジョニーデップの立ち位置を
オーリーがばっちりやってくれてちょっとしてやったりみたいに見えたんですけど気のせい?
パート1の「呪われた海賊たち」のころはまだ美少年の域だったのに、
「ロードオブザリング」のエルフが
ひと時代前の話になるはずの「ホビット」で
衣装のサイズこそ変わらなかったらしいが(爆)貫禄たっぷりにアクションをするように(わわわわわ)
今回やっぱ、年を重ねたぶんだけフライングダッチマン号の船長らしく
骨太になってました。もちろんこれまでの役者人生も経験も
そこにでるのでしょうけど、あ~大人になったんだね~とか変なとこで感慨深くなってました。
本編とは別の次元でニマニマしてましたよ。(o^―^o)


10年に一度しか会えないお父さんの呪いを解くためにウィルの息子がポセイドンの槍を探すお話。
簡単にいうてしまうとそれだけなんですが、
ここにふたたび、アンジェリカみたいな「海賊のむすめ」という存在が登場する。
カリーナは天文学者なんだが、ポセイドンの槍の謎を解くために
結局ジャックやヘンリーと船に乗ることになっちゃう。


サラザールのビジュアルはかつてのバルボッサみたいで
もうそんなに驚かないんだよね、役者さんがもつ独特のオトコの色気とか存在感とかはあるのだけども。
んで、カリーナの探し求める父ってのがあまりに身近すぎて
え、そこつながるのっていうね、しかもむちゃわかりやすいというね。(;^_^A

ブラックパールに船長はふたりいらない。
結果フラグが立ってしまうとは・・・・。そんなのないよぅ。


そんだけ文句つけても、
なんだろうね、なんでこんなに楽しいんだろうね。
かっこよすぎる吉本新喜劇みたいなとこあるんですよね、
しょっぱなから金庫盗むのに、銀行ごと馬でひっぱって持っていこうとしたり
まさかギロチンで笑わせるとは思ってなかったし。(;^_^A
オーケストラのあのわくわくするメロディと、なかば力技でこれでもかと押してくるドタバタ劇の連続。
アトラクションを味わってる感覚がきっといいんでしょうね・・・・。

シリーズも5作になるとギブスにしてもバルボッサにしても
愛着わきますね。
それでも、やっぱり
このパイレーツオブカリビアンの物語のまんなかにいたのはウィルターナーのはずで
4作目には出なかったオーリーとキーラナイトレイが戻ってきて
その話のオチがこんどこそついたのだから
・・・・・これ以上やってどうすんのっていうのが個人的にはあって。

エンドロールのあと、思わせぶりなシーンがちょこっとついてます。
まるでホラー映画かX-MENのラストみたいに。


・・・ジャックスパロウの存在感は抜群で、そのキャラの面白さでこのシリーズをひっぱってきたことは
間違いないのだけど、
今回話題になったのはジャックの「コンパス」と過去の活躍で
ジャックドタバタしていたわりには何してましたか感があって。(わわわわわ)

ジャックが「最後の海賊」ならば、だれを敵にして誰をライバル(ボケツッコミの相手)にして
続編をつくるのやら。・・・・・引き際はいさぎよくしましょうよ~。
今公開中のこれが当たれば作る気満々なのだろうけど・・・(わわわわわ)


PS
サラザールを陥れたときの若いジャックスパロウが何気にかっこよい。
まだラム酒でベロンベロンになる前はこんなだったのね~・・・。で、だれだったの?あのひとは。
CG若作りのジョニデ?

キースリチャーズに続いて今度はポールマッカートニー。
お父さんの次は叔父さん役で大物アーティストがでてくる。ジャックの身内がすごすぎる。(爆)
まさかこれにでたいロックンローラーが大挙して待ってるんだろうか。
そのために続くんだろうか?(わわわわわ)







映画 2017.06.28 (水)
キングアーサー


この手の騎士ものはダーリンが大好きでね、
これなら行くんじゃないかなって久々シネコンに引っ張っていったの。
選んだ基準はそれだけ。(爆)


予告でみたアクションシーンだけでもすごいなと思ってたから
そっちではじゅうぶん楽しめたのだけれど、
いかんせん、主役に華がない。(わわわわわ)
このひと「パシフィックリム」に出てたんですね。


あ、出ていたといえば、おもいっきりベッカム!
ちゃんとセリフもあって結構映ってる時間長かったのに
あたしゃ~まったく気が付いてなかった、
一緒に行ったダーリンは
そういやヤフーニュースで見たんだけど
作品わかんなかったんだけど、これだったのかって。
てことで、ベッカムが映画にでるのは知っていたらしく
あんだけアップでなんで気が付かんかったんやとえらいつっこまれました・・・( ノД`)
せりふ言われて人のブログ見て、
え~~~~こんなはっきりでてるのにって。(爆)

・・・閑話休題。

叔父のヴォーディガンに父と母を殺され、スラムで育ったアーサーが
伝説の聖剣、エクスカリバーを手に
仲間と共にヴォーディガンを倒して王になるまでのお話。

ダークサイドに堕ちたジュードロウばかりが印象に残って
やっぱり主役はかすんでたな~・・・(わわわわわ)
正直洋画はあまり見ないから、知ってる俳優さんが真ん中にどーんといないと
知ってるひとばっか印象に残るのでしょうね。
エリックバナもあたしはダーリンがさんざん「トロイ」を見るので
そっちの顔でがっつり覚えていて、あ~やっぱりこういう役似合うなとか
勝手に思ったりしてね。

エクスカリバーの威力が半端ないのね。
そこに込められた父の最後の記憶だったり思いだったりが強すぎて
直系のものでなければ扱えない剣なのに
デジャヴでなんども見る場面、夢で何度もうなされる同じシーン、
心がついてこないから剣の力に圧倒されて気絶してばかり。
そもそも両手で握れない。
たちはだかる試練よりも剣と自分が一体化するまでが大変だったのねという展開。

ダーリンがテレビドラマで「マーリン」を見ていたので
マーリンでてこないかな~とおもってたら出番なし。
代わりに出てきたメイジの女性は「パイレーツオブカリビアン生命の泉」で
人魚役だったんですね。そりゃ魔法使いのほうがいいや。
・・・・でもやっぱな~んか印象薄かったな・・・・。

強大な力を手にいれるために愛するものをいけにえとしてささげてまでも
王になりたい、王でありたいと願っていたヴォーディガンの姿が
あまりにもインパクト大で
結局はジュードロウの顔ばかりが印象に残ってしまったという映画でした。
いやもちろん、悪役が悪役の強さやいやらしさを存分に発揮してこそ
盛り上がるのだと頭ではわかっているのだけれど、
ダークな力が大きくなっていくときに同じように
聖なる力がそれに抗うように現れるというのであれば
アーサーの存在感も、もすこしほしかったなと・・・(わわわわわ)
アーサーが4,5歳のときにみた叔父の顔と
どうみても40くらいのおっちゃんになって帰ってきたアーサーが対峙する叔父が
変わってなさ過ぎてヴォーディガン若すぎてかっこよすぎてびっくりだったわよ。(;^_^A

1話完結のように作られてるんですが、これ3部作なんですか?????
続きはあるんだろうか?
いや、アクションはよかったのよ、スローモーションも
「シャーロックホームズ」でやってたのとおんなじような撮り方してて
ちょっと既視感だなとおもったらあ、やっぱりだったけどね。(;^_^A





映画 2017.06.28 (水)
メアリと魔女の花

スタジオジブリのトレードマークがトトロの横顔のように、
スタジオポノックはここから始まるといわんばかりにメアリの横顔。
・・・う~ん、そっからしてジブリじゃんって言われなくない?
エンドロールのつくりかたも最後の「おわり」の文字も
それジブリじゃん。(;^_^A

ジブリを卒業した監督がつくった作品は
どことなくジブリの雰囲気を残していてあちこちに既視感があるので、
これは
スタジオポノックという名前を定着させることがそうとう大変だろうなという
映画の感想をいったんこっちにおいて
それがいちばん難しいかもとか思っちゃいました。

ただ、
同じ児童文学を題材にしたアニメでも
アリエッティ、マーニーを経て
昔わたしがジブリのアニメでワクワクしていたころの気持ち
やっとかえってきました。
それくらい楽しかった。
どんくさくて失敗ばかりだけれどやるときはやる。
けっしてくじけない、&いくばくか今風なメアリは
とても魅力的なかわいい女の子でした。

神木くんは去年の「君の名は」といい、あたりまくってますね。
これもきっとヒットするとおもう。あくまでも私の個人的好みですけども。

ジブリ同様、どうも声優より俳優をあてるのだけど
今度は声の演技はばっちりなんだけど、その声その顔にあってますかみたいな。
(わわわわわ)
遠藤憲一も天海祐希もあたしは大好きだけど、
画面に映るそれぞれのキャラにどうしても本人の顔がうかんでしまうので
そのギャップがちょっと大変でした。逆に顔がはっきりうかんでも
違和感がなかったのが初挑戦の小日向文世。マッドサイエンティストみたいなじーちゃんが
ドンピシャでした。(爆)
あと、満島ひかりの演じていた赤毛の魔女かっこよかったし
佐藤二郎が演じていたフラナガン、いい味だしてました。

魔女の花がメインだけあって、その花は美しかったな~。

あとむっちゃハマったのがセカオワの歌う「RAIN」
すでにブログの右端にCDジャケットを張り付けてますけど
これ絶対かう~~~。(≧∇≦)この映画の雰囲気にめっちゃあってる
ファンタジーな主題歌でしたよん。

7年に一度しか咲かない「夜間飛行」の花を手に入れたメアリが
花の力で一定時間だけ魔法使いになれるわけですが、
最後には「魔法なんかいらない」ってとこまで
気持ちが変わっていく、そのへんのココロの成長をぜひいっしょに体験してください。

使い魔にされちゃった黒猫、これしゃべっちゃうとそれこそ魔女宅なんですが
魔法が使える間くらい喋れてもよかったのにな~ってのはわたしだけ?


たったひとつついた嘘のために友達をまきこんでしまって
彼を助けるために「フツーの女の子が魔法使いに立ち向かう」おはなし。
挫折感でもって魔法が使えなくなったキキがまた飛べるようになるのとは
ちょっとスタンスが違うけど
だれかを思う気持ちが勇気になって、強さになって、
目の前の困難を乗り越えていく、・・・・やっぱ似てるかな。(;^_^A