スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画 2017.12.09 (土)
火花

漫才師として成功するのかとおもいきや
敗者にたいしてスポットをあてる・・・っていうとなんか言い方いまいちなんだけど

同じ時代に同じ夢をおいかけて切磋琢磨したから
今テレビで活躍してるやつらも輝いてる、
それは、夢破れて去っていった奴等の思いまでも自分の芸にして。
だから俺らのやってきたことは決して無駄じゃない。
芸人に引退なんてないねん・・・って言ってた神谷のことばは
負け惜しみでもなんでもなかったけど、
・・・・でも、ストイックに自分の信じるお笑いをつきつめて
人には受け入れられなくて・・・・ポジティブなくせに不器用で頑固で
成功できなかったことがなんていうかやっぱ哀れにみえてしまいました。

漫才に限らず、アートでも歌でも
たぶん自分のポリシーを曲げられないひとがいると思います。
同じ夢を語る者たちの間では通用する話でも
結局それで食べていくためにはその思いとか熱とかが
伝わらないとどうしようもないんですよね。
それは時代だったり、たくさんのひとの共感を得ることだったり、
目の前の老若男女見ず知らずの大勢を笑わせるなんてのは
それを仕事にするのってホント大変なんだとあらためて思いました。
流行りすたりがある、一発屋とよばれるひともいる、
その一発さえもあてられないもっともっとたくさんの芸人さんたちを
代弁するような映画だったかなと。

自分にしかできないお笑いのスタイルをつきつめていって
最後のライブ、客席がシーンとするんですよ、客泣くんですよ、
壇上のスパークスも泣いてるんですよ、んで最後拍手。
だもんだからこっちもかたまっちゃいました。こんなん漫才とちゃう、
でもおもいっきりその気持ち痛いほど伝わってきて涙ポロポロでした。
完全にその現場にいたくらいのめりこんでみてましたね。
笑わせる気なんてみじんもない、でも人の心をガチっとつかんでしまう。
ほんと最後の最後にちゃんと爪痕は残せたわけですね。
自分たちにしかできない、自分たちもこれっきりしかできない特別な漫才が。

大阪のおばちゃんですから、笑いにはうるさいです。
大阪だと二人あつまるとボケツッコミをする、みんながみんなではないですが
どっかにそういう気質があるからちょっとやそっとじゃウケないんですよね。
バナナ渡されて受話器みたいにもしもしいうてからバナナやんけとか
白ネギ渡されてスイングしてからゴルフできるか~とか
そんな程度はだれでもやっちゃいます。
神谷と徳永も普段の会話のほうがよっぼど面白いし
いきなりアドリブで振ってくる神谷にちゃんと答える徳永は
才能あったと思います・・・・ただ、いかんせん
その道で成功するとこまではいかなかった・・・だけのことです。
趣味と仕事はちゃいますし、日常でオモロイひとってのはいくらでもいるけど
テレビでこの人ほんまオモロイな~は違うんですよね・・・。

芸人が原作書いて芥川賞とっちゃったのもびっくりでしたが
芸人がメガホンとってしかもスポンサーに吉本がついて
なんていうか芸人を目指すひとにみてほしいマニュアル映画みたいなことに
なってた気もしますがなんせ主役のふたりがかっこよすぎますから(爆)
シネコンに人をよぶつかみはOK(わわわわわ)
映画の内容も一般よりはその道で食べてるひとやら
今同じようにもがいてるひとがみたらもっとぐっとくる映画でしょうね・・・。

10年を長いと思うか短いとおもうか。
追いかけた道で挫折したときにその年月を無駄だとおもうかおもわないか。
それはその人次第だし、その人がどんな時間を過ごしたか次第。
・・・・成功してハッピーエンドかとおもいきや
敗者に対してとても暖かい目線の映画だった気がしました。
落ちぶれたようでまだ目の輝きを失っていない神谷の顔に
救われた気がしたラストシーンで
なんだか立場が逆転して10年前にもどったような
明るい終わり方でうれしかったです・・・。




映画 2017.12.09 (土)
オリエント急行殺人事件

アガサ・クリスティーの名作で名探偵ポワロが出てくることくらいは知っていても
実はまったく予備知識なしで見ています。単純にジョニーデップでてる~って。(爆)
&メアリ・デブナム役をやってたひとがもうじき続編公開になるスターウォーズのレイだとは
まったく気が付いてなかったという。(わわわわわ)

なぜか強烈に印象にのこったのが
ポワロのわがままなヒゲとゴディバのロゴ。ポワロがお菓子好きなキャラだったんですかね?
キッチン?のテーブルの上になぜかゴディバのプレートがものすごめだってたんです。
そんなとこだけは覚えています。(オイオイ)

ベネロペクルスはわざと老けメイクだったのかそれともほんとに老けちゃったのか。(わわわわわ)
そういうとこばっかみててどうも。(;^_^A

殺された大富豪には殺されても仕方ないような理由があった、
過去に彼が起こした事件はたくさんのひとの人生を狂わせてしまった、
謎を解く中でそこにいきついたポワロが出した結論が
原作とは違うらしいので、物語のオチも若干変わるそうで。
犯人を捜すわけですから白か黒しかないと思ってるポワロが
グレーもありなんだというところにびっくりする方もおられるかもしれませんね。

&密室殺人事件を列車内で謎解きするはずがちょこちょこっとアクションもありで
そのへんはちょっと今までと違うらしいです。(比べるべきものを知らなくてすいませんです。(;^_^A)

トンネルのなかで乗客全員を横並びに座らせてポワロが自分の推理を語るシーンは
最後の晩餐みたい。これはほかのレビューでもちらちらみかけました。

冒頭のつかみはみていたのですが、
列車に乗り込むあたりからラチェットが殺害されるあたりまで
ところどころ意識が飛んでます。事情聴取もところどころ・・・
ごめんなさい、寝不足で映画見に行くとダメですね、決して退屈したわけではないのですが
(いやもう一本はがっちり見てたんだけどな…(;^_^A)
で、最後の最後にポワロがわ~っと語るとこでほ~そういうことだったのって
そこ全部つながったのねすご~いって(おいおい)
たったこれだけのことでこんだけの時間でよくそこまで調べたわね~って
ただただ関心してしまったのでありました。
・・・・・てか、語りで全部真相をばらす、ほんまにこれだけの人間関係を
どこで気が付きました?どうやって調べました?
原作読んでないから余計に思うのですがむしろそっちがびっくりでございました。
意識がとんでるから(お~い)見逃したアイテムも聞き逃した言葉も
もしかしたら見てなかったシーンもあったかもしれませんが(いやそうだな絶対そうだな)
なんていうかね、攻略本を見ながらテレビゲームやってるような
たとえがイマイチですがそんな気分でぽか~んとただすごいな頭いいなと(おいおい)
眺めておりました。
あ~あ怒られそうだな。

で、ジョニデはというとやな役でしたね~。
悪役って嫌われてナンボというか強かったらそれだけ盛り上がるとかあるんだけど
ただただやなやつでしたね~・・・・(説明になってない)


映画 2017.12.03 (日)
ハガレン

タッカーのエピソード、真理の扉、所々はおぼえているものの、
原作もアニメもきっちり見たわけではなく、劇場版アニメも見に行っていながら
内容はすっかりとんでいて。(コラコラコラ)

誰かがいうてたな、國村さんはまた死んでいる。(;^_^A

小日向さんは、メアリと魔女の花もそうだったが
こういう作品に参加してみたかったんだ~むっちゃうれしい~ってのが
妙に伝わってきてわらってしまった。
なんていうか楽しんでるな~とおもったのは私だけだろうか。
そのくせ、このひとこんなわざとらしい演技だったっけという(わわわわわ)

「探偵はBARにいる3」を見た後、あらこちらにも大泉洋が。
チャラくない役ででていた。(爆)
それにしても、自分の仕事のために妻や娘にそんなことするかね。
やっぱりこのエピはやりきれなかったな・・・・。

ぶっちゃけオディーン様を見にいきました。白状します。(爆)
ただ、どうしてもこの手の映画はコスプレショーになってしまうから
カッコいいとは思うけど、なんか足りない。
自分のものにしているというよりはこう演じてくださいって
やらされている感がものすごくあって、正直違和感がありました。
その点、
ホムンクルスの松雪さんは頑張ってたんちゃいますか。
妖しい色気でなかなかよかったのではないかと。

実際にはコミックもアニメも膨大な情報量で
とても1本の映画にできる話ではないのですが
ほんとになんとかして詰め込んだんでしょうね。
絶対言わなきゃいけないこと、作品のキモにもってこなきゃいけないエピ
そのへんはばっちり知ってる方がみたらどう思ったんでしょう。(わわわわわ)

エピを詰め込むとひとりひとりのキャラクターを描けなくなるので
そのへんはわかっているものとみなして話をすすめたとして
どうでしょ?ヒューズの人のよさは十分みれた気がしますが
大佐やホークアイまではなかなか・・・。

賢者の石でかりそめの命をふきこまれてしまった兵隊たちは
完全にバイオハザード状態。こんな展開でしたっけ?

なんかちらっと「まだ続けますよ~」的な終わり方をしてましたけど
う~んどうなんでしょ。(わわわわわ)

今のCGここまでできるようになったのねってのはなかなか面白かったです。
アルのCG・・・CGだったんすか。ってなレベルで鑑賞してました。お恥ずかしい。(爆)
鎧の体に命や温かみまで感じる、その辺はすごいなと。
んでもってそれ相手に演技するエド役の山田くんもすごかったなと。
兄弟げんかのシーン大変だったろうな。

いやもうこの手の映画は原作と違うとか配役が気に入らんとか
もうハガレン愛が強いひとほどこだわりがあって、
誰が何をどう演じてもなんかしらぜったい言うと思うのだけど、
変な言い方ですが、まったく予備知識がないわけではなく、
さりとて詳しくもない・・・この中途半端さのおかげで
酷評をしてるひとほどの思いはなかったよと。

原作の世界観をすこしでもと、イタリアロケをして
その背景はすばらしかったのだけど、
でもでてくるのがコスプレの日本人ばかりですから。
どっちにせよどっかに違和感はあるんです。(;^_^A
ガラッと変えるわけにもいかない、さりとて全部は説明しきれない。
詰め込みたかった話のつじつま合わせというか
詰めの甘さみたいなもんは私でも感じました。
ガチっとそのキャラにハマってイキイキ演技できてたひともいただけに
もったいない映画だったな~と思います・・・(わわわわわ)



映画 2017.12.02 (土)
にいる探偵はBAR

ご無沙汰してました。やっと見に行けました。映画。
初日に2本。(^▽^)/まずはこちらから。

いまだに、かっこよく決めたいのか笑いをとりたいのかよくわからないのだけど、
これはこれで大泉洋の味なんでしょうね。
さすがにパート3ともなると、もうこれはこういうキャラでずっといくのだろうと
やっと納得した次第です。(遅っ)
とはいえ、松田龍平演じる高田とのコンビは大好きだし、
すっとぼけた高田とツッコミ役の探偵はサイコー。
&松重豊さんの探偵イジリ(サウナは毎回、プラス今回は
探偵をパンツ1丁で漁船にしばりつけて極寒の海)とか
このへんはお約束なのかもしれませんね。
なんかやられてることむちゃくちゃなのだけど笑えるからよし。(;^_^A

毎回登場するススキノの交差点、Nikkaの看板、
なんかもう渋谷のTSUTAYA前の交差点並みに
大阪のおばちゃんにもすっかり目にやきついてしまいました。

珍しく高田が一度はコテンパンにやられたり、
リリーフランキーが妙にやくざが板についてたり、
あっちゃんのなんというかアホさが極端だったり、
いろいろと見どころはありましたが
やっぱり大泉洋と松田龍平の演技に全部かかってて、
事件云々よりも北海道LOVEにあふれてて、
お水系とヤクザばかり出てくる作品なんだけど
おもいっきしザッツ東映な映画(いやなんとなくね)なんだけども
主役のふたりがこういうキャラだから
血生臭かったり、ドロドロした人間関係がそこにあっても
なんか中和されててね。
せっぱつまってて、めちゃくちゃヤバいんだけども
そんな時でさえもどっかくすっと笑えるもんがあったりするのな。


邦画ってどうもスペシャルドラマでええやんっていうのが多いんだけど
惚れた弱みとはいえ、やっぱり見に行っちゃうんだよな~。(;^_^A

たぶん原作の探偵はこんなにコミカルではないとおもうんだけど
そのへんも含めて、見て楽しい作品にしてるのは
この二人だと思うんで。

依頼人のマリを演じた北川景子に全く触れてないな。(あれ)
・・・・今年流行った言葉ですが、あれ一線を越えてるとおもいますか?(何の話だ)
探偵がさんざんチャラいとこみせていても
そこは何もなかった気がしますが。

なぜそこまでしてマリが大金を手にいれようとしたのか
そのオチがそんなことだったとは・・・っていうのは他人の目から見ての話で
はたからみてなんの価値もないものでも
当人にとっては命をかけてもいいもの・・・・
最後の最後にみせた笑顔がめちゃくちゃ切なかったです。
わたし、見つけたよって言ったときの笑顔が。

・・・・そこに至るまでの彼女がどんなに悪女だったとしても
それで全部チャラになってしまう・・・オンナって怖いですね。(どんな感想だ)



映画 2017.11.07 (火)
hyouka.jpg

まだ本屋でバイトしていたころ、このタイトルの文庫本を
よく目にしていました。名前くらいは知っていて、気にはなっていたけど
結局読まないままでしたが。(コラコラコラ)

アニメにもなってるんですね。今度見ようっと。(え)
シネコンで見るというよりは、正直テレビの2時間ドラマサイズの内容だった気はしますが。(わわわわわ)

折木奉太郎が推理をするシーン、なんかガリレオをみている気分でした。
やっぱなんかポーズって必要なのよね。(;^_^A
実写化するにあたっての演出っていうんでしょうか。

私は原作を知らないのですが、千反田えるが必ず言う「私、気になります」が
とっても大事なセリフなんでしょうね。
このへんのことがきっと元ネタを知ってるひとにとっては評価の別れるところになるのかもとか
勝手に思ってました。


あのひとを怒らせたら大変だとかいうて
姉の言う通りに奉太郎は古典部にはいるわけですが
そこで出会ってしまった千反田えるに振り回されて、
やらなくていいことはやりたくない、省エネ人間だったはずなのに、
ただしい答えじゃなくても「えるを納得させなきゃいけない」って
推理力を発揮する・・・ま~そんなおはなしです。

話はぽーんと飛びますが、高校時代はバラ色でしたか?
何かにとんでもなく夢中になったり、あたってくだけたり、
なんでもいいです、今思い返してあ~一生懸命だったよなとか
形にならなくてもがんばったよなオレみたいな
こっぱずかしくてもキラキラしたものありましたか?
ちゃんとしたセリフでは覚えていないのですが、
あの頃はよかったとかいうのではなくて、
10年経って振り返ったときにその時何かをやった実感が確かにあるような
そんな高校生活でありたい・・・みたいな。
お姉さんの手紙だったか、奉太郎の心の声だったか
それが妙に残ったんです・・・・。

高校生活といえばバラ色、バラ色といえば高校生活。
なんてことを冒頭ぼそぼそと奉太郎は言うてました。
入学当初は部活であれ恋愛であれどこか冷めた目で見ていて
いや否定はしていないのだけど僕は違うなっていう顔をしていたのが
古典部にはいって、えると出会って、友達と推理ごっこ(語弊があるけどごめん)
するなかで、省エネじゃない高校生活もいいんじゃないって思い始める。
なにより、えるがこうなるともうだれも止められないって、
それにちゃんとつきあってあげるわけですね、いいじゃないですか、青春青春。(o^―^o)

部活だったり、恋愛だったり、はたまた余命ものだったり、
学園ドラマって大概そのあたりにいっちゃうんですが
そうじゃないところで話がすすんでくれて私としては見やすかったな。

あまりにも漠然とした、えるの依頼を奉太郎が引き受けるとこからして
ある意味ありえないですけどね、吉本新喜劇だったらできるかそんなも~んってバコーンって
殴って、マンガだったらキラーンって飛んでいきそうな話ですけど、美人だと聞くかね~(いやそこは論点じゃない)

失踪して10年もたってしまうと死亡扱いになってしまうんですか。
その叔父との最後の会話が思い出せなくてというあまりにむちゃな依頼はやがて
学園の黒歴史にふれることになる。とってもとっても悲しい話にね。

古典部の文集の表紙絵、それから「氷菓」の意味。
これがわかると第三者でも腹立つ。
いや、第三者だから言いたいことが言えるのだろうが
この日、この時、自分がここにいたら何か出来たろうかといわれると
わたしだってやっぱりウサギなんだろうな。

・・・・ってか、学校、それでいいのかよ。
・・・・ふつうならそっちのネタで学生運動が起こりそうなもんだが生徒も生徒なのね。

強くなれ、そうでなければ生きていても死んでいるのと同じだ
・・・・・・これけっこう重たかったですね。
ただ、記憶をたどる話だったんじゃなくって、
奉太郎の生き方がちょっとだけ変わるような。
バラ色もいいなって。

セリフはあれどもまったく声がない本郷奏多。
16,7の少年が叫ぶシーンにがちっとハマる顔だったのでしょうね。
関谷をとってもうまく表現していたと思います。
ある意味この人物が影の主役というか重要な役まわりなんで。
弱さゆえに学園を追われることになってしまった少年と
感情をほとんど出さない奉太郎が叫ぶシーン(ただし声なし)のシンクロは
妙に印象に残りました・・・。

PS:斉木楠雄のΨ難を先に見るはずだったのに、図らずも山崎賢人特集~って
後出し公開のこっちから鑑賞しちゃいました。
最近、彼の主演作品めっちゃ多いですね。ついでにいうと
どっちの映画も心の声ブツブツブツブツ系。(;^_^A





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。